犬なら普通のこと


通勤途中で読んでいると,ふと,この小説が『暗闇にノーサイド』の前に発表されていたら,このコンビはどのように把握されただろうかと思った。

実のところ,当時の矢作俊彦の小説にこちらのほうが親和性が高いのではと思ったのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top