GQ


矢作俊彦のレポートを読むために,東京駅で「GQ Japan」を買った。中綴じを外すまでもなく,会議までの待ち合わせ時間にペラペラ捲り,矢作俊彦の連載を切り抜き,残りをコンビニのゴミ箱へ放り込んだ。『ハード・オン』で日本を脱出する藤川五郎が船上でするのを真似て。

飛び入り歓迎のライブを福島で開催するので出ないかと誘いを受けた。くるりの「soma」をカバーしてみたいなと思い,練習時間など考えたが,仕事のこのタイトな状況では11月のライブには間に合いそうもない。半日考えて,断りのメールを送った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top