サイボーグ009


初めて買った『サイボーグ009』のコミックスは3巻で,「ベトナム編」が収載されたものだった。続けて4巻の「ミュートス・サイボーグ」を手に入れ,この2冊は繰り返し何度も読んだ。

石森章太郎の漫画のコマ割りと構図の美しさは,物語の不完全さを差し引いても,いまだに超えるものはないと思う。

完結編を小説の形でまとめられた文庫本を読みながら感じたのは,漫画の一コマの情報量の多さだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top