うそ


うそで思い出すのは夢野久作の「少女地獄」。親にも関係することでうそをついていたころ読んで,つまりは高校時代なのだけれど,身につまされた。うそはうそを呼ばなければ,物語は安定しないということを小説にしなくてもいいじゃないかと思いもしたが。

うそをついて収拾がつかなくことが見えてしまうから,娘がついたうそにきつく対応している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top