Two sides


以前書いたような気がするけれど,「アゲイン」公開時に雑誌「ペントハウス」でインタビューを受けた際の記事。このあたりが矢作俊彦の文章や言葉に出会ったはじめであったように記憶している。「自虐の詩」よろしく,この際は記事の裏面は村上春樹のコラムが掲載されている。当時の村上春樹の文章は嫌いではなかった。 あ,三波伸介の命日だ。  omote ura

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top