AGAIN


で,映画「アゲイン」公開の頃の記事は残っている。これは「GORO」に載ったものだと思う。キネ旬にはシナリオが掲載されていて,どこかにあるはずなのだけど。 矢作俊彦のイメージは当時のインタビューと佐山一郎が編集していた頃の「スタジオ・ボイス」で形づくられた。小説だけだったら,これだけ奇矯なイメージにはならなかったと思う。 

again

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top