Column


平成の初め頃,小説の執筆は限られていたものの,矢作俊彦のコラムが複数の雑誌に掲載された。昭和50年代から60年代に比べると,書店の店頭であたりをつけながら探すことをしなくなったのは,たぶんコラムが掲載される雑誌はあまり面白くなかったからかもしれない。広告出稿媒体としてのみの役割しか感じられない雑誌という塩梅だろうか。 「テレビぴあ」に掲載されたコラム。 
 column2column1

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top