犬には普通のこと


旧「野性時代」末期,1995年くらいに連載が始まった「犬には普通のこと」。以前記したとおり,フランスを舞台に傑と祝を中心に物語は進んでいく。「東京カウボーイ(小説のほう)」と「サムライ・ノングラータ(漫画のほう)」をつなぐ位置づけになるはずが,休載が続きフェイドアウト。連載「フィルムノワール」のなかで意外と二次利用されていた。 連載にあたって,こんなカラーページまで用意されたのだけれど。
 dog02dog01

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top