www


芸術新潮の香港特集に矢作俊彦が登場したとき,赤瀬川原平とのつながりは理解できたものの(血の付いた立て看をみやげに一番弟子にしてもらったという),羽仁未央は新潮の編集者のキャスティングか何かだと思っていた。 1997年というとネット環境がかなり一般化したころで,当時検索して出てきたのがこんなページ。Bay-fmか。
column0011

column0012

column0013

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top