3


ロックにストリングスを絡ませるには,The BeatlesをモデルにするかThe J Geils Bandのほうに向かうかどちらかだろう。前者としてTears for Fearsがかなり意識的に取り入れた手法は,ほとんど雛形と称してもよいようになったし,後者の例としてCheap Trickを思い浮かべる。

そこで,くるりの新曲“Remember  me”の出だしは,Tears for FearsのThe Beatlesパターンなのは明らかで,それを踏襲したバンド云々いうより,そういうものだとして聴くほうがよほど気がきいている。

くるりを聴いていると,矢作俊彦の引用癖を思い浮かべる。先日の武道館ライブのオーラス前の「地下鉄」の出だしは「Don’t let me down」だというのは明らかだけど,そこにどのような歌詞を載せるか,どこにつなげるかで別の文脈が生まれる。それが面白い。T Rexの「Telegram Sam」が「愉快なピーナッツ」に変わるあたりとか。

そのうち自己引用をはじめたりしたら,もはやそれは矢作俊彦だ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top