有言実行


『スズキさんの休息と遍歴』が刊行されたときの「ブルータス」のインタビューで『ららら科學の子』の執筆が予告され,『あ・じゃ・ぱん』だか『ららら科學の子』の刊行の際には「常夏の豚」の予告があった。いずれのときも冗談のように語られるものの,しばらくするとそれが決して嘘ではないことがわかる。

『THE WRONG GOODBYE』が刊行された際の「本の旅人」に載ったインタビューで語られているのはまがいもなく「フィルムノワール」。連載はご存じのとおり,「眠れる森のスパイ」がかなり盛り込まれ,単行本化の際はそのくだりがごっそりカットされそう。連載に「眠れる森のスパイ」を入れ込んで,単行本化の際にカットするという手法は,まあどうでもよいのだけれど。
wg01 wg02 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top