渚から来るもの


このところ仕事が立て込んでいて,書くことがまとまらない。

三好徹の短編集を読みながら,今さらながら石ノ森章太郎の『マンガ 日本の歴史』を1巻から買い求めて読み始めている。

昭和40年代の石森章太郎のマンガ表現はとにかく,線の勢い一つとっても,何度見直してもカタルシスが得られる,たぶん比類なきマンガだと今だに思う。にもかかわらず,私が連載で石森章太郎のマンガを,つまりリアルタイムで読むことができるようになったのは「ギルガメッシュ」「ストレンジャー」あたりからで,新連載を期待しながら読み始めると,こんなはずじゃないという気持ちで読み終えることしばしばだった。

昭和50年代をやりすごし,昭和60年代あたりになると連載を追いかけることがなくなり,昔の作品を単行本で買い求めることくらいしかしなくなった。

で,『マンガ 日本の歴史』を読みながら,なんだかんだ言っても凄いなあというのが実感。

で,『渚から来るもの』については次回。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top