新撰組


川島透・司城司朗の『斬ばらりん』を読んで,幕末の知識があまりに薄っぺらであることに気付く。望月三起也の『俺の新撰組』くらいで,他にこれまであまり興味がなかった。

『俺の新撰組』のおかげで,それは新撰組がワイルド7のようなもので,他の誰よりも原田が格好いいという記憶だ。

別冊宝島を古本屋で買い,情報を整理していたら,私たちの世代にとって,別冊宝島は岩波新書のようなものだなと,ふと思った。執筆者が複数でまとめあげた岩波新書というところだろうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top