散歩の達人


電車で雑誌,漫画雑誌を読む姿を目にすることが少なくなったと感じたのは,久しぶりに2号続けて「散歩の達人」を買い,電車で捲っていたからだ。

特集が「ステキな横町新世代」で,センベロな店の紹介のみとは限らないけれど,文章中に「気を遣う」なんて漢字の遣い方を見ると,同世代が作っている雑誌なんだろうなあと感慨一入。

「センベロ」という単語(?)を初めて目にしたのは「パンチザウルス」だった筈。徹や昌己と「マイケル・センベロじゃなくて」と,お決まりのリアクションとともにネタにしていたことを思い出す。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top