劇画


「ゴルゴ13」を読んでいると,ストーリーはさておき,古くからの“劇画”の表現形式がここ10数年,すっかりなくなってしまったことに気づく。同じマジックを使って描いた線が,まるで意味を違えて見えてくる。良くも悪くも“劇画”のイメージから遠く離れている。まったく普通のマンガだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top