……FM東京のある番組で俳優の藤竜也と作家の矢作俊彦が対談し,矢作がこんな話をしていた――“結城昌治さんは僕より何十倍も上手いけれど,でも,あの人の描く街はどこも杉並区なんですよね”と

池上冬樹:ヒーローたちの荒野,p.66,本の雑誌社,2002.

この前まで『不良少年』を読み返して,後半のやるせなさは矢作俊彦の初期の作品と共通するな,と思いながら,結城昌治というと『ゴメスの名はゴメス』のベトナムが日本の街っぽかったことをいつも思い出す。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top