One step beyond


フロアにMADNESSの“One step beyond”が鳴り響いたとき,私の40代はまだ,はじまって時間がそれほど経っていなかったので,最後に“again!”といわれているような気がしてならなかった。

それまでの10年近く,日々のどこかで“again”にしがみついていたように思う。そして,さらに数年間,ぎゅっと何かを握り締めたまま,時間は過ぎていった。

50歳を迎えてからの“One step beyod”は,まさにもう一歩先へ,それ以外の意味をもたないように思う。少し前に記したように,同じ時間を二度と繰り返すのはご免だ。

30~40代でのバンドの不幸な再結成と,50代を過ぎてからの再結成の意味は,だからたぶん決定的にどこか違っているように感じる。

久しぶりに,朝早くから事務所に出てきて仕事をやった。その昔,忙しい時期になると,そんなふうにして時間を捻出していたものだ。まったく意味は違うけれど,出張でもないのに早い時間の電車に乗って,そんなことを考える。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top