再開


竹内敏晴著作集第2巻を買った途端,第1巻に立ちもどって読み始めて数週間。ここ2~3週間は読む気にならず,机のうえに置いたままにしていた。

具体的な仕事に区切りがついたので,数日前から読み始めている。『ことばが劈かれるとき』の項が残り少なくなったあたりで,ふと,抜粋された以外の箇所にどのようなことが記してあったのか気になってきた。記憶をたどれないのだ。今度は思想の科学社版の『ことばが劈かれるとき』を取り出して,ページを捲り始めた。そう,教育・療育の印象が強かった,当初読んだときは。

納得して,再び第1巻にもどる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top