ビッグ錠


コンビニ本で『包丁人味平』のカレー戦争,ラーメン祭りを読んでから,どうにもビッグ錠の漫画が気になって仕方ない。

「キャプテン」が「月刊少年ジャンプ」で連載されていた当時,ビッグ錠は「ドクロ坊主」を同誌に連載していて,床屋で順番を待ちながら,毎月,この漫画を読んでいたと思う。当時住んでいた家の近所,みそラーメンが旨いその食堂には,「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年サンデー」が置いてあって,土曜日のお昼に弟と食べに出かけたとき,「包丁人味平」をそこで読んでいたのだろう。読み返すと,全体,物語の概要は記憶に残っている。

帰りに寄った新古書店で「スーパーくいしん坊」が中公文庫と講談社KCスペシャル3巻まで揃った。たぶん同じ人が売り払ったに違いない。でも,「スーパーくいしん坊」を嬉々として抱えているのはどうなのだろう。

それにしてもビッグ錠。「一本包丁満太郎」も揃えたいというか,全巻読みたいのだけれど,33巻くらい続いたらしく,今さらそんな長編漫画を読む,というよりも探す労力を考えると,読書欲は潰えてしまう。最近,ビッグ錠の漫画を古本屋で見かけないのだ。人気があるのだろうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top