風の王国


紀和鏡が「マージナル」の編集委員をしていた当時,古本屋で見つけた彼女が描く伝奇小説を数冊読んだことがある。石川淳の『狂風記』と半村良やあまたのノベルズ伝奇小説の一部を同等に読み飛ばしていた頃だったので,それらの物語の差異をあまり感じなかったことだけは記憶している。何に近いといって,星野之宣の『ヤマタイカ』あたりに似ているような感じをもった。

『風の王国』を読み終えた。少し前に書いた云々はさておき,傀儡を通して伝奇小説と橋架しただけだったのかもしれない。傀儡といえば夢野久作の一連の小説が思い出される(「骸骨の黒穂」には山窩が登場したはずだ)。後半はグズグズだったものの,『戒厳令の夜』を読み返してみようと思う程度には面白かった。

『風の王国』を読んでいる間,100円棚であまり本を漁らなかった。面白い本さえ読んでいれば,ビッグ錠の漫画を探しにあれこれ動かなくてよいのかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top