WORLD HAPPINESS 2014


きゃりーぱみゅぱみゅは,人気があるんだなぁという感じ。

ぽかすかじゃんのときはトイレタイム。数は多いのだけれど,あまりというかかなりきれいではない。さっさと済ませて屋台で冷製パスタと炭酸ドリンクを買って,戻る。

家内,娘もくるり目当てだったので,盛り上がる。マイクチェックを「Loveless」ではじまり,本編1曲目は「ハヴェルカ」。「三日月」と野外でしっとりと聴くのに手頃な曲のはずが,かなり風が強くなってきて,ときどき音が跳ね返ってしまう。「Morning Paper」はブレイクごとに拍手が鳴って,「街」を演奏したら,最後のところの前で拍手が起きてしまうのだろうなと思った。「WORLD’S END SUPERNOVA」は同期なしをはじめてライブで聴いた。これが本当に気持ちよい。福田洋子のドラムと奥野真哉のキーボードはすばらしくバンドに合致していた。このメンバーでホールやライブハウスで聴いてみたくなった。

変な新曲,「ブレーメン」「東京」と,川崎で見たときに増してよくなっていた。

このあたりで感じたのは,音速は遅いということだ。ステージやモニターの光景にどうしても音が遅れてくるのがいらいらする。少しは光速に追いついてみろよ,という感じがした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top