ZELDA


赤い公園をゼルダにたとえるコメントを目にすることがある。小澤亜子のドラムスタイルは赤い公園の曲なら映えるかもしれない。しかし,ホールやライブハウスで実際にゼルダの演奏を目にした身にしてみると,このたとえは少しずれているように思う。

先日,WORLD HAPPINESSではじめて聴いたねごとの曲に,これ,ゼルダっぽいというのがあった。

ねごと「カロン」
negoto_karon

  ゼルダ「黄金の時間」

zelda1

  この2曲なんて,双子みたい。パクリとかそういうのではなく,この手のリズムに,そのときどきの歌詞,メロディを載せた曲が,これからもたくさんつくられてほしいと思う。

で,ライブになるのバンドの弱点があぶりだされてしまうのも,この2つのバンドに共通だ。ドラムはとんでもなく上手いのに,それだけではいかんともしがたいバンドの不思議さ。赤い公園は逆に,ライブになると音が厚くなる。

ねごと「カロン」Live
 negoto_karon2

ゼルダ「黄金の時間」Live(この会場にいた記憶がある)zelda2  

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top