よいこと


世の中には悪者とかいい者なんていないんだよ。お伽の中にしかいないんだ。悪いこととか良いことなんてのもないんだ。あるのは悪いことをしようとすることと,良いことをしようとすることだけなんだ。

矢作俊彦:スズキさんの休息と遍歴,p.43,新潮文庫.

10年前にも引用していたこの一節の意味が,まったく違う形で理解できるようになった。それは『悲劇週間』刊行時のこのインタビューとようやくつながったからだ。

彼(堀口大學)は,歴史をお伽話のように感じるわけだよ。でも歴史ってしょせんはお伽話だから。歴史がいくつもの人の口に咀嚼されてお伽話になったわけでしょ。
閔妃暗殺事件に関して言えば,問題は稚拙だってことなんだよ。海江田少佐が言ったことがすべてだよね。政治とは善悪ではなくて,巧拙だと。あれはあまりに稚拙だから,人から非難されてる。
(中略)
勝海舟が言ったように,政治の方途に倫理はない。悪い方法か良い方法か,つまり巧拙はある。朝日新聞が言うような「善意」だとか「良識」では歴史は動かな いんだよ。時代ってのはもっと意志のない無味乾燥なもんで,泥だらけの道に雪だるまを転がすようなもんだよ。そこには意のつくものはないんだよ。力学の問題でしかない。その簡単な事実に,大學が気付くという話だよ。
なるべくドロのない雪の沢山残っている坂を転がせば,雪だるまは白く大きくなるでしょう。メキシコ革命で,九萬一は上手にふるまうんだよ。で,逆に大學はその巧さに違和感を持つわけだ。皮肉なことにね。父親が十余年で学んだ技術に鼻白むんだ。

矢作俊彦(インタビュア:月永理絵):新作『悲劇週間』について語る,nobody,No.19,p.33,2005.

『THE WRONG GOODBYE』の最後のフレーズやもろもろをもう一度整理して,矢作俊彦を読み直してみる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top