近況


このところ,古本屋に出かけても何も買わずに帰ってくることが多い。『侍女の物語』を読み終えなければならず,実家から持ち帰ってこなければならない本もそれなりの量がある。ある程度の本,雑誌は処分することに決めたにもかかわらず,だ。それも,すでに第一弾の処分で書棚の本の半分以上は処分した残りでの話。さらに自宅の本を整理していたら,さすがに持ち続けていることをためらってしまう本がかなり出てきた。

生涯,読み返さない本のほうが多いに違いない。さすがに半世紀を折り返し,自分のこの先と「もの」とのバランスを見直すことが少しはできるようなった。

ところが,そうなるにつれ,新刊書店で雑誌,本を買う割合が増えた。

昨日は『善き女の愛』(新潮社)を購入,ここ1週間で手に入れた雑誌の数もそれなりになる。それって,おかしくはないか?

今日は西日暮里で打ち合わせを終え,千駄木まで歩いてブックオフと古書ほうろうに。『アイルランドに行きたい』(新潮社),吉本隆明・プロジェクト猪 『尊師麻原は我が弟子にあらず オウム・サリン事件の深層をえぐる』(徳間書店)が100円だったので買って帰ってきた。

友人が社会人になる前の数週間,ホームステイと称してアイルランドへ出かけていたと聞いたことがある。『ダブリン市民』くらいは読んでいたものの,その頃,アイルランドと聞いて思いつくことはあまりなかった。映画『ブロンテ姉妹』の荒涼とした印象くらいのものだ。

『アラン島』を手に入れ,ウィスキーをめぐるエッセイを読むつれ,少しずつアイルランドへの興味が沸いてきた。友人がどうしてアイルランドへ向かったのか,聞いたかもしれないのだけれど,すでにどんな理由だったか覚えていない。ただ,よいことばかりだったと楽しそうに話す,その様子だけは今も記憶に残っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top