無意識


「無意識」という言葉に,逃げ場としての役割を潰させえてしまったのはフロイトで,そのことはある意味で罪だと思ってきた。「無意識なんだからしかたない」でものごとから逃げられないよう,雁字搦めにしてしまったのだ。

すっかり忘れたつもりになっていたことが夢に現れた。こんなふうに夢を見てしまうと,「無意識だった」では説明つかないこともあるのだと感じた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top