リブロ


昨日は仕事の帰りに家内と待ち合わせ,池袋西武へ出かけた。リブロ池袋本店が閉店するのだ。

今から30年くらい前,西武百貨店の11階だかにあったリブロの前身に出かけたのは,ニューアカに肩まで漬かった友人に連れられてのことだったと思う。フロアの中ほどに段差があって,その前あたりでそれ系のフェアが開催されていた記憶がある。

それは,八重洲ブックセンターの文庫売り場に少し似ていた。

結局,当時のリブロ(の前身)の印象が強い。その後,フロアを代え,セゾン美術館の下に落ち着いたのは20年くらい前なのだろうか。当初は2フロアだったように思う。その後,奥に専門書が移転したあたりから,だんだんと足が遠のいた。

当時は大泉学園に住んでいたので,帰りに寄りやすかったのだけれど,西武新宿線界隈に引っ越すと,リブロは遠かった。それよりも東武百貨店の旭屋書店のほうが都合がよい。目白よりの改札を抜け,高野フルーツパーラーの奥のエレベータで直行,1フロアで品揃えが整っていたころの旭屋書店に,たぶんリブロは苦戦したのではないだろうか。

ジュンク堂書店ができてから,西口の芳林堂書店が閉店し,東口の新栄堂書店はサンシャインシティ内に移転,パルコにあった三省堂書店も西武百貨店に移転した。パルコブックセンターも今はない。

そんなことがあったなかで,リブロはいきおいジュンク堂への抜け道のような位置に収まってしまった。

セゾン美術館が閉まったときのほうが,実のところ,何がしかの感慨が湧いたことを思い出す。

WAVEがなくなり,セゾン美術館がなくなり,リブロがなくなった。ヴァージンメガストアもなくなり,芳林堂もなくなり,新栄堂もなくなった。その間,西口の古本屋はどれだけ減っただろう。

池袋に思い入れがあったことなど一度もないはずだ。けれども,思い出さなければ消えてしまいそうな手がかりの断絶,ただそのことに少し感傷的になる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top