中井英夫


「人を取除けてなおあとに価値のあるものは,作品を取除けてなおあとに価値のある人間によって作られるような気がする」(辻まこと)ということで,鶴見俊輔関係の本を捲っていたところ,すっかり忘れていたくだり。

小熊 ……共感する同世代の人はいますか。
鶴見 強いていえば,中井英夫。彼は永井道雄や嶋中鵬二とならんで,私の小学校一年からの同級生だけど,彼の政治的な立場には,私はとても共感できる。
小熊 中井さんの立場というのは,どういうものだったんですか。
鶴見 彼は戦争中に,三宅坂の参謀本部にいたんだよ。召集されて,暗号兵をやっていたんだ。そのときに彼が書いている日記が『彼方より』(潮出版社)って いう記録になっているんだけれども,まったく戦争憎悪の日記なんだ。あれはすごいね。私だって遠慮して,あれほどは書いていないのに。ああいう反戦思想 を,三宅坂の参謀本部の暗号兵の部屋で,日記に書き続けていたんだから,命がけだよ。

鶴見俊輔・上野千鶴子・小熊英二;戦争が遺したもの-鶴見俊輔に戦後世代が聞く,p.95,新曜社,2004.

1970年代の初めに刊行された三一新書で,埴谷雄高と中井英夫,たぶん鶴見俊輔も名を連ねて,内ゲバ終結を促すメッセージ集のような本が刊行された。少し前に記した通り,夢野久作全集を通して,埴谷雄高や鶴見俊輔を知ったこともあり,このメンバーに違和感をもったことはなかったけれど,中井英夫が登場するのが疑問だったのだろう。中井英夫が,政治家に比べれば学生運動に関係したいる人の問題意識のほうがどれほどすばらしいかと語ったくだりを覚えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top