レノックスヒル・ホスピタル


矢作俊彦の短編集『ブロードウェイの自転車』に収載されている「レノックスヒル・ホスピタル」は,「ミステリマガジン」1980年9月号,10月号に掲載されたエッセイ「緊急の場合は」をもとにしたものである。

1979年に「ヨコスカ調書」連載を放っぽり出して(?)ニューヨークに行ってしまった矢作俊彦が実際に体験したことなのだろう。「レノックスヒル・ホスピタル」のように,元になる体験があらかじめ発表されているケースはあまりないけれど,いつのまにか寡作とはいえないほどの作品を発表している矢作俊彦の小説のなか,どれくらいの体験が織り込まれているのか想像するには,あまりにもまとめられたエッセイや発言が少ない。
a_case_of_need01
a_case_of_need02
a_case_of_need03
a_case_of_need04
a_case_of_need05

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top