9月14日


7月以来,2度目の国会前。

池袋で有楽町線に乗り換え,桜田門で降りる。何やら警官か駅員に誘導されたと思しき高齢者が進行方向側の出口に折り返す姿。改札を出た先,1番,2番出口は封鎖されていて,すでにヒートアップしているデモ参加者(それは当然なのだけど)は警官が押し戻して,他の出口へと向かわせようとする。その諍いを横目に,私は止められることもなく封鎖の横から2番出口を上がった。

国会前の交差点が封鎖されている。横断歩道の信号が青になっても渡ることができない。国会前へ向かおうとする人がたまる。コールの音頭とりの声が出て,レスポンスが続く。男の声,女の声,若い声,歳を経た声。鳴るリズム,苛立ち,怒り,そして前を目指す意思。どれも7月より遥かに強い。

壁代わりの警察バスがやってきて,2つの横断歩道の真ん中で止まる。渡る人数を少なくしようというのだろう。「段差に気をつけて」「ゆっくり」,同じ“こちら側”感が広がる。

横断歩道を渡りきると,溢流する人がまだらになる。すでに中央の路上は開放されていた。そのまま国会方向へと上がっていった。こちら側,あちら側,コールが響く。しばらく歩くと,その先がなくなった。

ロジャー・ウォーターズや村上春樹のおかげなのか,塀との区別はつくものの( 塀はハンプティダンプティが落っこちる前にいたところ,というように),「あれが壁だ」と指差した記憶はない。

はじめて目の前に,こちらとあちらを隔てる壁を見た。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top