寺と石


法事。

11時すぎに家内と家を出る。春のような暖かさ。西船橋で総武線に乗り換え船橋で降りる。東武のフラッグスカフェで昼食をとり,バスで寺まで行く。強風。まだ新しい寺は石造りというかコンクリート打ちっぱなしのデザイナーズマンション風のつくりだ。母親の葬儀の際にはじめて伺ったとき,いわゆる“お寺”の雰囲気との差に少し戸惑った。今回の参列は家内と二人だけなので,20分くらいで終えた。

バスで船橋まで戻り,夕飯用にできあいのものを見繕う。デパートをみていくという家内と別れ,まずは飯田橋に向かう。

乗り換え時間30分以内に間に合うだろうかと思いながら,ブックオフに入る。コンビニ本の「一本包丁満太郎」3冊と『スピノザの時間』(講談社現代新書)を見つけ購入。少し前,新刊書店でのスリップリーディングについて記事を読んだことがあるけれど,古書店で通用するのだろうか。ビッグ錠の漫画を探している人はスピノザにも興味がある,というのはなんだかおかしいな。

飯田橋のスタバで「一本包丁満太郎」を読みながら少し休憩し,有楽町線経由で池袋に。ISPでおかずを買い足し,ひばりが丘の義父のところで夕飯をとる。

21時半くらいにバスで田無駅まで行き,ブックオフをのぞくが,閉店間際で何も買わずに帰る。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top