Small is beautiful


朝ごはんをとり,無料視聴期間に観終えられなかった“Before the flood”,英語字幕版があったので続きを観る。というか最初から観なおす。豆をひいてコーヒーを3杯。14時くらいから出かける用意を始める。東西線経由で船橋。バスに乗り継ぎお寺に着いたのは16時くらい。お墓参りをしてふたたび船橋に戻る。東武百貨店のカフェでネットに繋ごうと船橋市の無料wifiを試すが,非道いアクセス状態で,30分くらいかかってようやく繋がった。京成線で八幡まで移動して,山本書店で,E.F.シューマッハー『スモール・イズ・ビューティフル』(講談社学術文庫)と開高健『岸辺の祭り』(角川文庫)を手に入れる。本八幡駅ビルのなぶら家に入る。酎ハイ2杯,キュウリの一本漬,うずらの卵の醤油漬け,レバにら鉄板焼き。都営新宿線で瑞江まで行き駅前のブックオフでマンガを買い,家に戻る。

“Before the flood”は地球温暖化に警鐘を鳴らすドキュメンタリー映画。監修をスコセッシが担当し,進行はレオナルド・デカプリオだ。エンディングの曲がロバート・フリップ「エクスポージャー」に入っている“Here comes the flood”に似た曲だったので,記憶がいろいろ蘇ってきた。

E.F.シューマッハー『スモール・イズ・ビューティフル』は,1981年のキング・クリムゾン来日公演のパンフレットで,滝本誠がディックの『ヴァリス』と合わせて紹介していた記憶がある。渋谷陽一との対談だったはず。『ヴァリス』を先に読み,そこからディックに嵌っていった。「帝国」を「キング・クリムゾン」に置き換えるような無茶苦茶な読み方だったけれど,そこから後は愉しい読書体験だった。その後,確認するとパンフレットで取り上げられているのは『ヴァリス』だけだった。シューマッハーは“God Save The Queen”か“The League of Gentlemen”“Let The Power Fall ”いずれかのライナーノーツで紹介されていたのだと思う。

『スモール・イズ・ビューティフル』を知ってから文庫になるまでタイムラグがあるけれど,刊行後すぐに読んだ。当時,経済学部生でも何でもなく,唯一,ロバート・フリップ繋がりで読み始めたものの,すでにクリムゾンは再結成された後,再び活動停止期に入っていたばかりか,フリップはロックの表舞台から姿を消し始めていたので,ますますピンとこなかった。

“Before the flood”は新しさを売り物にしているわけでも何でもないので,シューマッハーの『スモール・イズ・ビューティフル』を読み直して,それがどうのこうの言っても始まらない。ただ,『スモール・イズ・ビューティフル』を四半世紀ぶりに読み返し,これがとても面白かった。こんな本だっただろうかというのは正直な感想だ。「資本」を「自然治癒力」に置き換えれば,医療について参照することもできる。

フリップは,自作のフリッパートロニクスにJ.G.ベネットの講演テープを絡めて“Here comes the flood”に繋げた。その歌詞(?)がサイトにアップされているので張り付けてみる。曲はこちら

WATER MUSIC I
(original text by John G. Bennett, my transcription)

From the scientific point of view it is now very likely that there will be again another Ice Age, quite soon, in the world, that we shall have the north part of the world all frozen like it used to be, and we’re beginning to have natural disasters, from the scientists’ study it seems likely that we should soon begin to have these great changes in the earth’s climate so people will not be able to live where they have, and the oceans will rise, and many cities will be flooded, like London, and Calcutta, and so on. These things, they say, will happen, according to scientific theory, in about forty years at the most, but maybe even quicker.

HERE COMES THE FLOOD

When the night shows the signals grow on radios
All the strange things they come and go as early warnings
Stranded starfish have no place to hide
Still waiting for the swollen easter tide
There’s no point in direction
We cannot even choose a side
Crowd

Lord here comes the flood
We’ll say goodbye to flesh and blood
If again the seas are silent in any still alive
It’ll be those who gave their island to survive
Drink up dreamers you’re running dry

I took the old track
The hollow shoulder, across the waters
On the tall cliffs
They were getting older; sons and daughters
The jaded underworld was riding high
Waves of steel hurled metal at the sky
And as the nails sunk in the cloud
The rain was warm and soaked the crowd

When the flood calls
You have no home, you have no walls
In the thunder crash
You’re a thousand minds, within a flash
Don’t be afraid to cry at what you see
The actors gone, there’s only you and me
And if we break before the dawn
They’ll use up what we used to be

Words by Peter Gabriel

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top