間に合わなかった一言


打ち合わせが続く。午後から東京駅のTORATA TOKYOに向かった。細かな調整をして夕方,事務所に戻る。18時半くらいに事務所を出た。高田馬場の芳林堂書店で宮内悠介『月と太陽の盤~碁盤師・吉井利仙の事件簿』(光文社),森村進『自由はどこまで可能か=リバタリアニズム入門』(講談社現代新書)という妙な取り合わせを購入。久しぶりに戸山口のほうまで歩き,ビールを飲みながら,『スモール・イズ・ビューティフル』の続きを読む。

雨宮まみさんの訃報。少し前,岸政彦さんとの対談集を読み,何か所もページを戻して読み直した箇所があった。18日になって岸さんのブログに追悼文が掲載された。(こちら

ブログを読み終えて,亡くなった肉親,友人,知人への「間に合わなかった一言」ばかり思い出される。でも,間に合った一言は結局,思い出されないのだろうな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top