Pub


午後から打ち合わせのために高尾まで行く。終わったのは16時だったので,直帰することにした。駅前の高尾文雅堂書店をしばらく眺める。結城昌治と斎藤純の文庫,サム・シェパードの戯曲集などを購入。新宿に戻る。

夜は那智君と飲むことになっていた。新宿駅東南口から斜めに横切り,ディスクユニオンの手前あたりにたどり着く。先にビックロに入り,ヘッドホンの延長コードを買った。それでも待ち合わせまで少し時間があったので,スタンドに毛が生えた程度に鄙びた地下のカフェでコーヒーを頼む。インゲ・ショルの「白バラは散らず」を捲る。

ライオン会館2階のアイリッシュパブに入ったのは初めてだった。数か月前,池袋の系列で久しぶりに那智君と飲んだことがある。そこが居心地悪くなかった。だから新宿のその店で待ち合わせることにしたのだ。那智君は先に来ていた。

10年くらい前に行ったマッドネスのライブ会場に似て,まわりは外国人ばかりだ。うるさいけれど,池袋とは違った意味で居心地がよかった。朝から体調がすぐれなかった。ペースを落として飲んでいたものの,だんだんペースがあがり,かなり酔っぱらった。23時くらいが看板だったようで,結局,その時間までくだらない話で盛り上がった。

店先で別れ,そのまま歩く。歌舞伎町の手前あたりで信号待ちになった。ふとバッグに手を差し込むと財布の感触がない。まただ。というか,今回は店に置き忘れたことを覚えている。CODのシステムだったので,いちいちバッグから財布を取り出すのが面倒で,テーブルの左端に置いていたのだ。23時過ぎに,パブへと戻る。財布を受け取り,タクシーで帰りたい気持ちを抑え,西武新宿駅から電車に乗る。家に着いたのは午前0時を過ぎていた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top