大盤振る舞い


午後から初詣に出かける。

ここ20年のほとんど,この時期に一度は家族三人で新井薬師に行く。平成が始まった頃,上高田のアパートに住んでいたときに,近くにあるのだからと出かけたのがきっかけだったような気がする。親と一緒に暮らしていた頃や,大学時代に一人暮らしをしていた頃には初詣に出かけた記憶は残っていない。

年によって混んでいたりいなかったりだけれども,混んでいるとどうしたわけか気分が高揚してくる。今年は混んでいたので,先に遅めの昼食をとってからお参りをした。その流れで社務所でおみくじをひくのが例年のことで,今年も娘と一緒に引いた。どちらも「凶」が出て苦笑いしていると,あたりで「凶」「凶」「凶」,なかには「大凶」の声も聞こえてきた。よくみると社務所のアルバイトの若者もおみくじを取りに行くたびに苦笑いしている。正月三が日というのに「凶」の大盤振る舞いだ。見上げると月の影と金星が並んでいる。

娘と家内は新宿で買い物をしたいというのでJR中野駅まで歩く。今年の正月はどこも海外からの観光客で賑わっている。娘は,日本の正月を体験して何が愉しいのだろうかと怪訝な様子だ。中央線のホームから中野サンモールを見るとそこだけ妙なふうに彩られていた。

新宿で娘たちと待ち合わせ,ブックオフで数冊本を購入した。ビックロの地下で買った本を読みながら時間を潰す。石森章太郎のマンガの文庫版と北杜夫が亡くなったときの追悼集を並べて読んでいると,まったく高校時代に戻ったような気持ちになる。

夕食をとる店を探しながら南口まで歩く。高架下から少し先のほうにある喫茶店に入った。もしかすると以前,一度入ったことがあるかもしれない。

家に戻り,お笑い番組をみていると0時を過ぎた。昨日今日とお笑い番組以外,みていないような気がする。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top