品川


夕方から大船で打ち合わせ。夜には雨が降るというので傘をもって横須賀線に乗る。18時すぎまでかかった。ブックオフを覗こうかと思ったものの,面倒になりホームに降りる。品川で山手線に乗り換えて家に帰った。

品川駅構内の「タミルズ」がクラフトビールを売りにしたアメリカンダイナーに変わっていたので入る。メニューにはAveryIPAはじめ数種類のクラフトビールがあったけれど,結局サッポロの黒生をピクルスと一緒に頼んだ。

ピクルスが無茶苦茶すっぱくて,一口含むたびに瞬きしてしまう。読みかけていた大塚英志の文庫を片づけた。

ここ10数年,品川駅を利用する機会は恐ろしく増えた。昔は横浜方面から新宿・池袋方面に行く際,東京駅で中央線に乗り換えたものだけれど,品川経由で山手線を使ったほうが便利なことにようやく気づいたのがその頃だ。東海道新幹線に乗るときも,ほとんど品川を使っている。

昭和の終わり,ソニーがカード式ラジオシリーズを売り出したことがある。1枚のカードで1放送局しか聞けないという妙なコンセプトの商品だ。カードの売り上げが聴取率に直結してしまうじゃないかと,一瞬,斯界を賑わせたものの,結局,それほど売れたわけでなかった。加えて,たぶんラジオ短波のカードが一番売れたような記憶がある。つまり株式市場情報を聴くために買う人がもっとも多かったのだ。広告の効果も何もあったものではない。

その商品の取材に品川のソニーを訪ねたことがある。それまで田町には行っても,品川なんて行く理由がまったくない町だった。取材で訪れた品川は,なんだかさびれた町だというのが第一印象で,数年後,子どもを対象にしたイベントを見に,品川プリンスホテルへやってきたときもあまり印象は変わらなかった。新橋の第一ホテル東京が何とか破綻せずに続いていた頃だったので,2つのホテルを比べては,新橋と品川は遠いのだと感じたことを思い出す。

それが21世紀に入ってからこっち,駅に関して言えば,品川駅の利便性は恐ろしく高まった。そういえば,SUICAが幅を利かすまで,品川駅のJRと京急の乗り換えがキセルに便利だと聞いたことを思い出した(多くは語らないが)。

当時,月1回,二俣川で開かれていた集まりに顔を出していた。同僚に「横浜に行くならば京急が便利だ」とすすめられたのをきっかけに,行き帰りに京急を使うようになったのだった。すっかり忘れていた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top