雨やどり


夕方から広尾で会議。池袋東武で人数分の弁当を調達した後,渋谷経由で向かう。20時に終わり,渋谷まで戻る。新宿で総武線に乗り換え,東中野で降りる。ブックオフで半村良『雨やどり』『新宿馬鹿物語』をそれぞれ108円で購入。歩いて中井まで行き,駅前の居酒屋に入る。10時過ぎに出て,家に戻る。『雨やどり』を読み始めた。

椎名誠『新橋烏森口青春篇』はあっという間に読み終えた。以前,確か読んだような気がしてきた。昭和40年代の業界新聞社と,昭和60年代のそれとが,結局ほとんど変わっていなかったのだと何だか懐かしくなってきた。

亡くなってしまった高橋さんも,越崎さんも,椎名誠の少し下の世代だった。私が銀座の本当に小さな業界紙に居場所を見つけた当時も,ほとんど似たような様子だった。大阪支社の話なんてその後20年近く変わらず,多くの業界紙が同じようにして記事を集めていた。

記事が多い時期は一日の紙面に収まりきらないから,翌日分に足りるくらいの記事がある。翌日は昼過ぎ早々に校了,それから取材に行けばよいものを,そのまま会社で飲み会が始まる。ひとくだり飲み終えて16時には有楽町の小松に一番乗りで続きが始まる。

広告をとってくれば歩合が出たり,一般誌のアンカーマンのバイトをしたり,それぞれ本業以外の食い扶持をもっていた。名刺一枚で,帝国ホテルのパーティーからテレビ局の中まで入ることができたのは,20代を折り返していない私には,それはとても面白かった。結局,その後30年,名刺一枚で入り込める仕事を続けているのだから。

半村良の『雨やどり』は文庫ですでに読んだような,これもそんな気がするが,居酒屋に入るのに手持無沙汰だったので買ってしまった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top