柳原


午後から外で打ち合わせ。いつもは京成関屋から向かう事務所に,久しぶりに北千住から行ってみることにした。東口の商店街で昼食をとり,古本屋を覗きながら,旭町~柳原の商店街に入ってしまったものだから,迷う。なんとか事務所にたどりつき打ち合わせ。夜の会議のために中野に向かう。ブロードウェイ地下の菊屋跡地は隣の百均も飲み込んだダイソーに変わっていた。20時過ぎに終え,新井薬師前の居酒屋で休憩して家に戻る。雨と湿気の一日。

柳原界隈の小体な商店街を初めて通ったのは20数年前のこと。取材先の事務所からの帰りに,北千住まで歩いて帰ることになった経緯はまったく覚えていない。豫園近くの市場にも似た軒の低い店が並ぶ。道幅は圧倒的に狭く,一応通りは直線なのだけれど,交差する道が湾曲しているので方向感覚を失う。夕方の賑わいのなかに身を置くと,ホッとしたことを覚えている。

ここ数年,年に一度くらい柳原から北千住まで歩くことがある。すっかり廃れてしまった商店街は,それでも生活の匂いが充溢する。このあたりで古本市を開いたら楽しいだろうな。そんなふうに感じる景色だ。それでも他の町に住む者が出張ってきて,楽しむのは違うなと,道に迷いながら思った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top