がさつ


台風が近づいているという。とにかく町場の湿度をなんとかしてもらいたい。

朝,会社が入るビルの共用部分に据えられた蛍光灯カバーが落下。砕け散ったガラスを久米君が掃き集めている。とりあえず管理会社に連絡し,対応を依頼する。午後になっていつの間にかガラスの破片は片づけられていた。18時過ぎに会社を出て,娘と駅前で待ち合わせて夕飯をとる。家内は以前の会社の同僚と久しぶりに会うという。和食がよいとのことで,一度だけ入った記憶がある「なか井」にした。

「なか井」は割烹料理店だけれど,そこまで高くはない。にもかかわらず,見ていてとても楽しくなってくる料理の手さばきと,おいしさだ。娘は天ぷらと刺身の定食。私はさばいたばかりだというので,うな重を奢った。もちろん自分に。

「さつまいもはこれくらい厚く切らないと甘さが出てこない」とか「生わさびは最初,口に含むとふわっと甘さが漂ってから辛味がくる」などなど,せっかく食事に来ているのだから,カウンターで料理長と食べ物の話をするのはあたりまえなのかもしれない。ただ,そういう機会はあまり多くないのが実際のところだ。

外に出ると非道い雨。台風が近づいているようだ。

今朝は,直行で大久保へ行き,打ち合わせ。11時過ぎに終わる。朝食をとらずに出てきてしまったので,昼食と兼ねて済ませてしまうことにする。以前,裏通りに北海道料理店があったことを思い出し,歩いていくと,居抜きで韓国料理店になっていた。店主ひとりで,まだ早い時間なので客は私だけだ。「ほんと暑いね」汗を拭きながらカウンターの向こうに立っている。ビビンバを注文した。

4年前に店を開き,夜は賑わっている様子。ニュースで死刑囚が群馬県の山中に死体を埋めたという供述をしたと流れると,「埋めたんだって」とぼそり。「キムチ食べる?」と尋ねられたので,いただくことにすると,ニンニクの芽を醤油と唐辛子で漬け込んだものと一緒に出してくれた。ビビンバに加え,ケチャップとマヨネーズを別々にかけたサラダにワンタンと豆腐,刻んだレタスの入ったスープ。豪華な昼食になった。

「私も先に食べてしまおう」といいながら,カウンターの向こうで最初は立ったまま食事をとる。話しているうちに折りたたみの椅子を広げ,本式に食べ始めた。

お勘定を払おうとすると,店主の腕が何かにぶつかって,ガラスが割れるような音がした。それでも慌てずに少しだけ片づける。私はおつりと店の名刺をいただいた。

がさつな店主が営む韓国料理店は居心地がよい。今月,大久保で飲み会があるので,この店にくることにして,とりあえず名前を伝えた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top