mouse不調


夜に蝉の鳴き声が聞こえた。

仕事を終え,家内と19時半に高田馬場で待ち合わせ。娘は友人と夕飯を済ませてくるという。芳林堂書店で旅行ガイドブックと萩尾望都『ポーの一族』。元もぐら食堂だったところで夕飯。この前来たときに比べるとゆったりと食事できた。ブックオフを覗いて帰る。

少し前からmouseのコンピュータの調子が悪いというので格闘。打ち負かされてしまう。立ち上がるものの,エラーメッセージが出て再起動を繰り返す。エラーメッセージが定まらないのも面倒だ。“SYSTEM THREAD EXCEPTION NOT  HANDLED”であったり,Windows10バージョン1703エラーだったり,その都度,Webで検索した対処方法をとるものの,結果,再起動の繰り返しだ。セーフモードで立ち上げて,不具合をチェックしても途中で同じ状況に至る。バックアップだけでもとっておいたほうがよいだろう,というところまでで寝てしまった。

昨年12月に手に入れて,半年強。まだ無料保証期間中だから,まずはサービスセンターに持ち込むことにする。iMac G4も不安定でだった気がする。記録を遡ると,同じように12月に購入し,8月前には調子が悪くなっている。

何とかバックアップをとれればよいのだけれど。当面の間,Windows7のラップトップを使うことになりそうだ。

『海から来たサムライ』をまだ数十ページ読んだだけでも,まあ30歳代半ばでこういう物語を構成したものだと,溜息まじりに感心してしまった。『斬ばらりん』(原案),『ARAKURE あらくれ』から『海から来たサムライ』(『サムライ・ノングラータ』,司城志朗との共作),『悲劇週間』,『アマ☆カス』,『月下の鉤十字』で幕末・明治から第二次世界大戦が終わるまでの世界を描き,『あ・じゃ・ぱん』を柱に,戦後日本にありえたはずの世界を縦横無尽につくりあげてきた。世界観が強固ゆえ,1985年に見据えていた先と2005年の作品は見事に呼応するのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top