ふる里


夕飯を誘われたので,昌己と待ち合わせの新大久保へ。誰だろう,新大久保が閑散としているなどといったのは。非道い混み具合だった。

先週の金曜日に出かけたふる里へ。今日は何も食べずに入ったので,餃子とつまみをたべながらビール,マッコリを飲む。その後,2品頼んだら十分にお腹いっぱいになった。枝豆や水餃子,プチトマトもサービスしてくれた。

入ったときは数人のグループとカウンターに2人。21時を過ぎたあたりで出てしまい,ご主人と3人でテレビを見ながらばか話をする。結局,22時半くらいまでいて,1人3,000円。

昌己に聴かないことへのこだわりの話をふったら,そうだよな,と当然のように返事だった。ルースターズって聞かなかったし,聞きたいとも思わなかった。じゃがたらだってそうだ。

「じゃがたらはライブみたら違ったかもしれないな。そういうバンドがあるよ」

待ち合わせに少し早く着いたので,盛好堂で宮内悠介の『エクソダツ症候群』の文庫版を手に入れた。向かいにあった風月堂はみあたらなかったものの,この書店は続いていた。

同じく先に着いたという昌己は中古のベースを見ていたらしい。そのうちスタジオに入ってみようかと思った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top