WORLD HAPPINESS 2017


いとうせいこうのライブが始まったあたりから再び,非道い日差しの下に戻った。ダブというと加藤和彦の“Around the World”とアンディ・パートリッジのソロくらいしかイメージ沸かない私だが,それでも聞きごたえはあった。

ZOMBIE-CHANGは,高橋佐代子ばりの地声の強さで,きちんとメロディがある曲をつくって歌えば,もっと面白くなるのではないかと思う。

GLIM SPANKYの最初のあたりで再び暑さに耐えきれず,ビールを調達してBエリア裏に避難する。家内は座椅子を広げて休んでいて,娘もあれこれ食べ物を調達しながら,くるりの出番を待っていた。

みうらじゅんの終わり近くになって3人でフィールドに戻る。

くるりは「ワールドエンド・スーパーノヴァ」からスタート。出だし,ボーカルのボリュームが低い。演奏を聴きながらバランスを調整するのはどうなんだろう。ギターのバランスはやや小さめ。バスドラが派手に鳴る。ファンファンが復帰後,初めて観るステージだ。バンドのレパートリーにトランペットが不可欠な曲が増え,きちんとトランペットが鳴ったほうが恰好よいと今更ながら感じた。

竹中直人は3曲くらい。カホンがあらきゆうこで,ならば,くるりのドラムもこの日だけは特別に受けてもらえばよかったのに,と思いながら「さよならColor」を聴いた。

電気グルーヴは2014年のときのほうがよかった。あのときは非道い天候がスパイスになっていたこともあるのだろうけれど。

TOWA TEIはノンストップで高橋幸宏やYMOのサンプリングを交えて心地よかった。このあたりになると日差しが少し弱まった。娘と家内は先に帰った。

ラストの高橋幸宏は「今日の空」からスタート。ザ・ビートニクスを続けて,再びのんをゲストに迎える。「タイムマシンにお願い」が演奏されたのだけれど,このときの鈴木慶一のギターの恰好よさといったらなかった。ニューウェイヴ魂炸裂,こんなリフを絡められるのかと目から鱗が落ちた。

本編は“Something in the Air”で終了。アンコールになったので,先に会場を後にした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top