夏バテ


夏の暑さが戻ってきてしまった。

ひとたび戸外に出ると,非道い暑さでむわっとした空気がまとわりついてくるかのようだ。通勤途中は『燃えよ剣』の下巻を読み進めている。新聞連載だからだろうか小説としてのバランスは決して安定していない。昔,同じように不安定な小説を読んだ記憶があるのだけれど,作者,タイトルとも思い出せない。

ひとつひとつのエピソード,事件を描くだけで一冊の小説が必要なところ,あらすじを追うだけで進むため,ついページを捲るスピードは速くなってくる。寝る前にさらに読み進めたので,残りわずかだ。

結局,ここから矢作俊彦の『悲劇週間』を読み返してしまうのだろうな。

夜は家内と待ち合わせて,初めて入る店でとった。L字型のカウンターに4人掛けのテーブルが2つの小体な店。油揚げでコロッケの具を包み揚げた料理が美味しかった。昔,母親がよくつくったコロッケの味を思い出した。クラフトビールと赤ワインを飲む。チリのフルボディが効いたのか,家に帰ってから2時間ほど眠ってしまった。

一日中,だるくて眠たい。からだも重い。夏バテだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top