赤い公園


「BEAR」が始まると,佐藤にスポットライトが当たり,あとはゲストミュージシャンが弾くキーボードのみ。しばらくすると下手に9月からの赤い公園メンバー3人が揃う。パーカッション類を手に,リズムを外したところで鳴らしたり慣らさなかったり。津野から藤本にタンバリンが渡ると,電球の光が灯ったかのように何かを思いついた様子だ。あきら100%のマネをステージ上で咄嗟に思いつくミュージシャンたち。今までの緊張感がグニャグニャとほぐれる。曲の終わり,歌川のピアニカソロ,津野のやや崩した感じのキーボードが被る。

「最後の花」に続けて「闇夜に提灯」「KOIKI」がアッパーな音で鳴り響く。「黄色い花」ではゲストミュージシャンが揃い,ステージがさらに派手で明るくなる。本編ラストは「ほら」。

アンコールは4曲。最後の最後「NOW ON AIR」では佐藤がステージの客に支えられたものの,ロールすることなく,まるで力ない王蟲の上のナウシカのようだった。

ダブルアンコールの声が鳴り続くなか再び客電が灯り,佐藤在籍最後のライブが終わった。

お前は白衣装に着替え,4人揃って「ふやける」が演奏されるのを期待しなかったのかと問われれば,否定できない。しかし,脱退についてあらたまって話があったわけでもない。新譜自体がブループリントのようなものだったのだから,屋上屋を重ねる必要はなくて当然なのだろう。

King Crimsonだって1974年7月,最後に“Epitaph”や“Mars”を演奏しなかった。P-MODELは1988年12月,最後に“1778-1985”で終わった。もちろん赤い公園は解散したわけでない。まだまだ続くのだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top