副都心線


土曜日は家内と昼過ぎにスワンベーカリーで昼食。久しぶりだけれど,まったくこの立地で15年以上続けていることに感心する。店内の雰囲気がまったく変わらないのも凄いなあ,と。

芳林堂書店で豊田有恒『「宇宙戦艦ヤマト」の真実』(祥伝社新書)を見つけた。会社に行くつもりで捲っていたら,とりあえず読み終えたくなった。新井薬師まで行きrompercicciに入る。17時過ぎまで読む。
読み終えたものの,あまり面白い内容ではなかった。「宇宙戦艦ヤマト」に関する本は,どうしたわけか隔靴掻痒なものが多い。当事者が書いても,何だかピンとこない内容だから,結局,あの昭和40年代の終わりから50年代の初めにかけてのぼんやりとした時代を言語化しないことには,どうしようもないのかもしれない。まだ『いま語るべき宇宙戦艦ヤマト』のほうが面白かった。

夜は渋谷で先生方と待ち合わせなので,中野まで歩き,新宿で山手線に乗り換えた。センター街は無茶苦茶な人手だ。みな一体,どこをめざしているのだろう。一昨日に様子をみたパブに入り,ビールを飲みながら,あれこれと話をうかがう。まわりはほぼ外人ということに加え,店の主人がとても親しみやすい雰囲気。小説に登場するような感じなのだ。気がついたら23時を過ぎていた。慌てて東横線のホームに降りていく。

山手線の改札に戻るのが面倒だったので,副都心線で西早稲田まで出て,高田馬場まで歩き,家に着いたのは0時を過ぎていた。

日曜日は,午前中起きたものの昨日のビールが残っていてすっきりしない。横浜元町に家内と出かける予定だったが,先に行っていてもらう。14時前に家を出て,元町に15時に着いた。渋谷の東横線の乗り換えは,地下への移動のときに比べると,いくらかスムーズになったのだな。

ecomo BAKERYで昼食代わりにケーキとコーヒー。元町でシャツと靴を買って,裾上げを終えたトラウザーズを受け取る。しばらく通りの店を見た後,JEREMY’Sギャラリーカフェで休憩する。ジャズフルート奏者でドローイングアーティスト・ジェレミー・スタイグのメモリアルギャラリーで,2020年までの期間限定オープンとのこと。いい感じのお店だった。

娘は友だちと夕飯をとると連絡があった。帰りは今日も副都心線で西早稲田まで行き,高田馬場で夕飯をとった。

便利といえば便利なんだけれど,副都心線を日々利用する生活というのは,どうなんだろう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top