宇都宮


東武線経由とはいえ,往復2,000円もかからずに宇都宮まで往復できる方法があることを知った。今回は池袋から東武宇都宮まで往復1,932円だった。事前に入手したチケットを携え,カートを引っ張りながら高田馬場,日暮里,北千住と乗り換えを続ける。

南栗橋,栃木でさらに乗り換え,宇都宮に向かう線に入ったあたりで雨が降り始めた。家を出たときはシャツ一枚で十分な暖かさだったものの,駅に向かう途中のクリーニング屋でとってきたダウンジャケットが必要なくらいの寒さになってきたので羽織る。

15時過ぎに東武宇都宮に到着。オリオン通りに入るまでの少しの間,雨が強くなる。通りを進むと,レインボーブックスさんがいるのを発見。挨拶して,バス通りに向かう頃には小降りになっていた。宿泊先までバスで行く。私が卒業した中学校のすぐ裏手にある施設なのだけれど,当時からそんな施設があったかどうかさえすっかり忘れている。

チェックインを済ませ,荷物をほどくと17時を過ぎてしまう。明るいうちにあたりを散策しようと思ったものの,あまり時間がなさそうだ。とりあえず中学校とその裏手にある神社を覗く。バスで駅まで向かい,30年以上ぶりで卒業した高校まで行ってみることにした。平成通りという,その名からして,当然一度も通ったことのない通りをバスで進む。今は中高一貫になったというが,恩師がいるわけでもないので,サッサと駅まで戻る。

駅の近くの焼きそばとタイ料理の店に入る。宇都宮は焼きそば屋というのが意外と多い。学生時代,一皿200円,300円ほどと安くて,擂った白ゴマと胡椒をかけて食べる焼きそば屋によく行ったことを数十年ぶりで思い出す。レモンサワーと餃子に焼きそばを頼み,日本シリーズを眺めながら飲む。つい落ち着いてしまい,宿泊先に戻ったのは22時くらいになっていた。本の整理をした後で眠る。

起きたのは7時過ぎ。シャワーを浴びて荷物を整理。チェックアウト後,バスで県庁通りまで行く。朝食をとる店を探していて,ブラジルコーヒーショップに入る。最初はまったく忘れていたけれど,二階に続く階段の下あたりの席の様子に見覚えがある。高校時代,栃木会館で美術部展を開いたとき,何度か入った記憶が蘇ってきた。モーニングを頼んだ。帰りがけ主人と二言三言話す。昔の福田屋デパートに居抜きで入った店の4,5階にセリアがあったので,値札用の付箋と本を拭く雑巾を買ってオリオン通りに行く。

オリオン☆一箱古本市の様子は別サイトに記したので繰り返さないけれど,よく売れたし,話も弾み(お隣の店の84歳の大女将さんと),とてもたのしい一日だった。おかげで帰りの荷物は軽くなった。17時に終了予定だったものの,人通りが少なくなってきたので30分前に片づけ始めた。昔,出張に出るときは,自社の雑誌やパンフレット類を重いと思うくらい持っていく社風だった。そうすれば,帰りは少しでも軽くしたいから,いろいろな施設で飛び込みでも話を聞いてくる動機づけになるという理由だった。一箱古本市の場合,売れなかったらシャレにならない重さなので,同じような理由から「重いと思う」ほどは箱に詰めたくない。結果として重くなってしまうだけだ。

運営事務所に挨拶を済ませ,オリオン通りを東武に向かって歩くと,以前,パルコがあったあたりが広場になっていてジャズライブが始まっていた。中に入り,200円でレモンサワーを頼み,数曲聴いた後,広場を出てオギノラーメンに行き,みそラーメンを食べた。

帰りの東武線は,新栃木から日光帰りの客で混雑。北千住,日暮里で乗り換え,池袋で定期を継続して,家に着いたのは20時過ぎだった。

年に一度,宇都宮を訪れるのが面白くなってきた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top