三代


隣に住んでた人が東京で修業して帰ってきたんですよ。「跡取り息子以外が採用しないところだけれど,今度北海道にくるというから紹介しようか」って言われたら,その気になってしまって。高校2年のときに店長が来たんです。それで挨拶に行って,修業したいとお願いしました。開口一番「うちは跡取り息子以外とらない」と。私のところは親,サラリーマンですから。「でも,どうしても修業したいなら,3年の終わりに連絡してきなさい」。私は早く高校3年が終わらないかな,って気分ですよ。

それで3年の秋にもう一度,お願いの連絡したところ了解してくれて。3月に飛行機で羽田に着いたんです。両親,弟もこんな機会ないからといって着いてきた。そうしたら迎えにきた店長の車がベンツ。へぇ,床屋でベンツに乗れるのかと思いました。

寮は二人一部屋で6人くらいいたかな。それ以外にも自宅から通ってくる奴もいて,そのなかで一番できる奴は跡取り息子でしたね。こ奴が店を任されるのかなぁって思っていたら,3か月で夜逃げ。実家に連絡したら帰っているというから,店長のベンツ運転していきましたよ。母親が出てきて,「子どもは私が教えますので,申し訳ないけれど勘弁してほしい」,本人は結局,出てこなかった。店長は厳しい人だったら,激怒するかなと思っていたら「わかりました」,私に向かって「帰るぞ」。不思議だったので帰りの車中で「どうして連れて帰ってこなかったんですか」と尋ねたら,「ああいう親はダメだ。連れて帰ってもまた逃げる」。そういうこと,経験からわかってたんですね。

修業は大変だったけれど同期が実家を継ぐために1人帰り,2人帰り。いちばんできる奴が帰りそうだったので,奴より残っていたらまずいと思って先に辞めました。

4年前,地元に親を残してかみさんと二人で東京に出てきたんですが,さすがに使ってくれとはいえず。でも挨拶はしておかないとなと思って,今の店長の代になっていましたけれど,伺ったら,「どうするんだ」と聞かれて「これから探します」と言ったら,「ちょうど人が足りないので,またやってくれないか」と言われて驚きましたよ。この世界,なかなか出戻りってありませんから。

社長になって店にほとんど立ちませんし,今の店長は修業から続けてきた人ですんで,三代続いた床屋もどんどん変わっていきますよ。若いスタッフも多いでしょう。私みたいのは,それでなくてもめずらしい。

という話を聴いた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top