偏頭痛


兆しはあった。久しぶりにザ・ハンバーグで夕飯をとり,帰りにブックオフの覘いたあたりから右の顳顬の上あたりが少しズキンとしてきた。自転車できた家内と別れ,駅に向かうあたりになっても鈍く痛みは続いた。

家に帰り,少し休憩してから,早めに眠った。風邪薬が数錠処方されたので,とりあえず飲んだ。

1時間半くらい後に,偏頭痛のため,眠っていられなくなった。顔の右側を顰め,これはダメだとわかったので,とりあえず,この前処方してもらったロキソニンを飲む。まったく痛みはおさまらない。血管が破裂したんじゃないだろうか。慌てて左の手足を動かしてみた。普通に動くので,これは非道い偏頭痛のようだ。間欠的に起きる痛みで脂汗が出てくる。まるで尿管結石になったときのような痛みだ。立ち上がり,頭の角度を変えてみたりしたものの,まったく治まらない。

偏頭痛については,私より遥かに馴染み深い家内が,私の様子からレルパックスのほうがよいだろうと判断し,渡してくれる。すぐに効いてくれるとよいのだけれど。

という願いは叶うことなく,相変わらず痛みが続く。そのうち寒気がしてきた。血管がようやく収縮してきたようだ。エアコンの風を撹拌している扇風機を止めても寒いくらいだ。久しぶりに綿毛布をかぶる。眠れそうな体位は決まらない。どちらを向いても痛みは治まらない。

気がついたら眠っていた。いつもより少し早く起きた。あれだけのたうちまわっていたのだから,その分余計に眠り,遅れて会社に出ようかと思ったものの,やけにすっきりしている。シャワーを浴びて支度を終えた。

ネットで検索したところ,レルパックスと併用禁忌に抗生物質があげられていた。先に処方された薬の名前がそのまま掲載されている。すでに飲んでしまっているのに,あの痛みのなか,レルパックスにすがらないなんて考えられない。

群発性でないことを,ただひたすら願っている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top