週末


昌己から連絡があり,夕飯を食わないかとのこと。奥さんが急に入院して,このところパン食中心だと聞いたばかりだった。新しくなったサワディーで待ち合わせ,その後,権八に移った。

ここ数日の偏頭痛が少し不安だったので,飲んだ量はいつもに比べ2杯くらい少ない。結局,YMOの新しいベスト盤の話になって散会した。狭山に入ろうと思ったのだけれど,今日はすでに売り切れだという。狭山でYMOの話ししたら出禁にされそうだな。夜半,徹からメールがあり,お父さんが入院したので,来週末の暑気払いはキャンセルになる。久しぶりに伸浩とサシで飲もうかな。夜中に恒例の頭痛。

土曜日は体調があまりすぐれず,午後に一度眠り,15時過ぎからしたくをして家内,娘と吉祥寺に向かう。家内の誕生日なので何か買おうということになったものの,夕飯を予約した時間まで1時間ほどしかない。パルコと元伊勢丹を覘いていると時間がなくなり,レストランに向かった。ヨドバシ裏にある小さな店で,アルバイトの男の子が少し頼りなかったものの,食事はとても美味しい。

吉祥寺の位置関係を伝えるとき,「元伊勢丹だったところ」「元近鉄の裏あたり」「元羅宇の先にあるパン屋」,元でしか話にならない。

日曜日は午後から会社で仕事。18時過ぎに新宿で家内,娘と待ち合わせ,今度こそプレゼントを買う。というか,すでに選んでいたのだけれど。そのまま阿佐ヶ谷で七夕祭りを散策。昨年と同じくらいの人ごみだった。ピザが売りのバールで夕飯。連日,美味しい店にあたる。それなりに値は張るものの。東中野から帰る。

『「右翼」の歴史』を読み終えた。新書のリズムだと詰め込む内容はこれが限度かもしれない。が,もう少し行間が読みたかった。絲山秋子の『薄情』(文庫版)を読み始めた。どうしたわけか眠る前に大友克洋の『アキラ』を読み返し始めた。第4巻まで終わって,どこか結城昌治の『ゴメスの名はゴメス』よろしく,世界規模の物語のはずなのにスケール感がこんなに小さかったのかと感じた。『気分はもう戦争』のスケールには遥か及ばない。当初,線に残っていた色気が3巻あたりから消えた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top