精養軒


午後から坂を下り,文京区水道のあたりまで打ち合わせに行く。台風がかすめた後の天気は涼しく,歩いてもまだ,体力はそれほど消耗しなかった。帰りは登り坂が多く,回復した天候にダメージは強烈。

夕方から広尾で打ち合わせ。19時に家内と待ち合わせて夕飯を食べる。青山通りをこどもの城のほうに進み,イメージフォーラムの裏あたりの店を覘いたものの,なかなか決まらずに,結局,精養軒でシェアして食べた。常連さんが多いのだな。サラダに餃子,カニレタスチャーハンに,みそラーメンと雑多に注文したけれど美味しかった。

副都心線で西早稲田まで行き,明治通りと早稲田通り交差点あたりにできた新しい店をチェックして帰る。

「週刊新潮」の矢作俊彦の連載は面白いものの,他はまあ,頭を抱えてしまうような文章も載っている。雑多のものを入れればいいというわけではなく,臭いものや腐敗しているものを入れれば器も腐臭を放つだろうに。「新潮45」に掲載された政治家の文章に関して,編集部の見識を問われ,前の編集長が「雑誌の雑は雑多の雑」と言った治田明彦のようなことを語っていたが,依頼/投稿,いずれにしても編集部の意図は掲載に関係してくるのだから,それで何かを語ったようになってもらっては困るのだが。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top