9/7~9/9


金曜日は午前中,小石川植物園に資料の撮影に行く。途中,「新潮」10月号を購入。通り雨。午後からは社内で仕事。19時に家内と待ち合わせて夕飯をとる。家に帰り,2時間くらい眠る。高校時代に戻ってしまったような感じだ。

矢作俊彦の「ビッグ・スヌーズ」は好調。『大いなる眠り』のなかで妙に印象的な場面が二村と横浜を舞台に描かれるのだ。魅惑的でないはずがない。で,結局,第1回から読み返す。この数か月で一体,何回読み返しただろう。

土曜日は銀行のキャッシュディスペンサーが使えないとは知らずに,手持ち少な目で会社に出かける。2時間くらいメールの返信をした後,バスで蔵前まで行く。家内と待ち合わせ,あたりをぶらつく。まだまだ店と店の距離感がゆったりしていて,よい運動になる。夜は浅草まで歩き,六区で。日が暮れると浅草の鄙びた感じが戻ってくる。

日曜日も午後,少しだけ会社に出る。一日で済ませてしまえばよいものを,予定していた校正が届いていないため,早めに切り上げる。夕方には家に戻り,少し眠った。夜,みちくさ市の準備を始める。Zineって何かね? 準備をしなければ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top